【海津市】津屋川の堤防に咲く彼岸花。

海津市の津屋川に行ってきました。 養老山脈の麓。 津屋川の堤防に咲く彼岸花が見頃を迎えています。 写真は10月1日に撮影。 今年は開花ペースがゆっくり。 5年ぶりに訪れましたが、真っ赤な絨毯がとても綺麗でした。 川の反対側から。 青い空と赤い彼岸花。…

国際芸術祭あいち2022【常滑市会場】

国際芸術祭あいち2022。 今回は常滑会場へ。 常滑市は招き猫生産量日本一。 芸術祭の作品は「やきもの散歩道」を中心に展示。 そこから少し離れたINAXライブミュージアムにも。 常滑で陶器の生産が盛んだった頃、今よりも多くの煙突が立っていたそうです。 …

9月29日は『招き猫の日』招き猫生産量日本一の常滑。

9月29日は「招き猫の日」 招き猫は福を招くと言われていることから9と29を「来る福」と読む語呂合わせで、招き猫の愛好家の団体「日本招き猫倶楽部」が制定。 右手を挙げると金運を招き、左手を挙げると客を招くらしい。 招き猫といえば、生産量日本一の常滑…

荒川修作+マドリン・ギンズ『問われているプロセス/養老天命の橋』(国際芸術祭あいち2022)

現在開催中の「国際芸術祭あいち2022」 今回は愛知芸術文化センター会場へ行ってきました。 多数の作品が展示されていたのですが、特に気になっていた作品はこちら。 荒川修作+マドリン・ギンズの「問われているプロセス/養老天命の橋」(1973-1989) フラ…

高澤観音日龍峯寺。北条政子建立の多宝塔が60年ぶりに特別開帳(9月23日から25日)

雨の降りしきる高澤観音日龍峯寺(真言宗) 2018年-2019年の「ゆく年くる年」はこちらで中継が行われました。 美濃清水としても親しまれています。 仁徳天皇の時代にこの地を苦しめていた毒龍を、飛騨からやってきた両面宿儺が退治してこの寺を開いたと言わ…

日本で唯一、昼鵜飼がある『木曽川鵜飼』

愛知県犬山市の木曽川鵜飼を観覧してきました。 木曽川鵜飼は一般的な夜の鵜飼に加え、日本で唯一、昼間の鵜飼があります。 ※昼鵜飼は火木土日開催 長良川鵜飼と小瀬鵜飼は観覧済み。 昼の鵜飼がどんな感じの漁か気になります。 昼鵜飼には船上食事付プラン…

『国際芸術祭あいち2022』一宮駅エリア。

7月30日に開幕した「国際芸術祭あいち2022」 テーマは「STILL ALIVE 今、を生き抜くアートのちから」 芸術監督は森美術館館長の片岡真実さん。 愛知芸術文化センター、一宮、常滑、有松の4会場で展示。 とりあえず岐阜から一番近い一宮会場へ行ってみました…

『目覚めよ!眠れる森の宝物展』(9月20日まで)

ぎふメディアコスモスの東側にある「旧岐阜県庁舎」 1924年(大正13年)に2代目の岐阜県庁舎として建築されました。 1966年(昭和41年)まで県の庁舎として使用されます。 その後は県の現地機関が入居する総合庁舎となり、2013年(平成25年)3月31日に閉庁。…

道の駅「クレール平田」にドラム缶アート。

岐阜県海津市にある道の駅「クレール平田」 長良川堤防のドライブやサイクリングの時に、ちょうどいい休憩スポット。 道の駅の近くに、千代保稲荷神社の近くにあったドラム缶アートがお引っ越ししてました。 7本のドラム缶。 通りかかった人がスマホを取り出…

【関ヶ原合戦】徳川家康最初陣地と最後陣地。

慶長5年(1600年)9月15日に起きた関ヶ原の戦い。 徳川家康率いる東軍と、石田三成の西軍との天下分け目の戦でした。 戦に加わった軍勢は15万人。 2023年のNHK大河ドラマは「どうする家康」 家康が幼い頃から天下人になるまでの姿を描いていくと思われます。…