笠松町

慶長5年(1600年)8月22日に起きた『米野の戦い』

笠松町にある「米野の戦い跡」へ行ってきました。 笠松町の指定文化財。 法面に説明の看板が立っているのみですが。 オアシスパークの駐車場から徒歩10分。 慶長5年(1600年)に関ヶ原の合戦の前哨戦「米野の戦い」が起きました。 木曽川を渡って美濃に侵攻…

笠松みなと公園にある『ハートの木』

笠松町の木曽川沿いにある「笠松みなと公園」に行ってきました。 想像以上に綺麗に整備されてました。 ウォーキングやジョギングを楽しむのに最適。 広くて居心地が良い公園。 背後の木曽川橋も美しい。 公園から橋と名鉄の車両が近くで見えます。 天気が良…

【笠松町】八幡神社の茅の輪くぐりと花手水。

笠松町にある八幡神社へ参拝してきました。 立派なお馬さん。 近くに競馬場もあります。 美しい朱色の稲荷神社。 毎年6月30日、笠松町では病気をせずに夏を乗り越えられるよう「夏越の祓(なごしのはらえ)」が行われます。 7月3日に参拝しましたが、まだ茅…

『笠松陣屋・県庁の跡』岐阜県最初の県庁所在地。

名鉄笠松駅の近くをぶらぶら歩いていたら小さな史跡がありました。 『美濃郡代笠松陣屋・笠松県庁跡』 かつては笠松に県庁がありました。 寛文2年(1662年)代官名取半兵衛の時に、幕府直轄の代官所が羽栗郡笠松村に移転。 笠松陣屋は全国に4つあった郡代陣…

将軍家に鮎鮓を届けた『鮎鮓街道・笠松問屋跡』

1615年(元和元年)、大阪夏の陣からの帰りに岐阜に滞在した徳川家康・秀忠父子は長良川の鵜飼を観覧したと伝えられます。 家康は鵜飼を褒めたたえ、鵜飼を保護し、将軍家への鮎鮓(あゆずし)の献上が始まりました。 岐阜県の歴史 (県史) 作者:之利, 松田,…

2021年6月25日、名鉄竹鼻線開通100周年。

1921年(大正10年)6月25日、竹鼻鉄道 西笠松駅ー竹鼻駅間が開業。 1943年(昭和18年)3月1日、名古屋鉄道が竹鼻鉄道を合併。 笠松駅ー大須駅間が竹鼻線となります。 2021年(令和3年)6月25日は、竹鼻線 西笠松駅ー竹鼻駅の開通100周年を迎えました。 8月末…