岐阜県関市の小瀬鵜飼。

f:id:yama300gifu:20210729203103j:plain

岐阜県関市の小瀬鵜飼に行ってきました。

乗船場の近くに駐車場あります。

f:id:yama300gifu:20210730060511j:plain

f:id:yama300gifu:20210729203131j:plain

事前に予約してあったので、こちらの2階で受付。

f:id:yama300gifu:20210729203204j:plain

すぐに目の前に乗船場。

昼間は暑いけど夕方は涼しくなってきます。

夕暮れの長良川の景色が綺麗で、待っている時間も風情があります。

f:id:yama300gifu:20210729203228j:plain

f:id:yama300gifu:20210729203252j:plain

鵜飼弁当各種を事前に予約することもできます。

こちらは「フレンチ弁当」(2500円)

関市の人気フレンチ店「フレンチマスタード」が考案。

長良川鮎の燻製、飛騨牛ローストビーフ丼、各務原人参のマリネなど最高でした。

フレンチ弁当はワインも予約可能。(グラス2個つき1800円)

f:id:yama300gifu:20210729203348j:plain

関市小瀬には「宮内庁式部職鵜匠」が3人います。

鵜飼が始まる前に、鵜匠が観覧船のすぐ近くまでやってきて、鵜飼の説明をしてくれました。

f:id:yama300gifu:20210729203406j:plain

鵜匠さんとの距離がとても近い。

「鵜飼はなぜ夜に行うのか?」「野生のウミウは篝火を恐れて慣れるのに時間がかかる」「鵜は鮎を尻尾から飲み込むことはない」など、鵜飼に興味が湧くお話を聞けました。

f:id:yama300gifu:20210729203506j:plain

鮎之瀬橋の上流で鵜飼の開始。

f:id:yama300gifu:20210729203429j:plain

漁場は低い山で囲まれているので真っ暗。

観覧船と平行して鵜舟が漁を行う狩り下り。

観覧船の近くで見ることができました。

「ホウホウ」という掛け声もよく聞こえました。

f:id:yama300gifu:20210729203603j:plain

総がらみのような派手な見せ場はありませんが、アットホームな雰囲気でゆったりと鵜飼を楽しめました。

f:id:yama300gifu:20210729203537j:plain

漁を終えて鵜が舟の上に並んでます。

水に濡れた鵜の羽根を乾かしています。

鵜のペアは決まっていて、違う組み合わせにすると大げんかが始まるそうです。

f:id:yama300gifu:20210729203627j:plain

鵜飼の余韻に浸りながら帰路に。

出航時間は日没時間に合わせて時期により変動。

観覧船に乗っている時間は1時間ちょっと。

予約は電話でもネットでもできます。

今回ネットで予約しましたが、予約確認の電話が翌日の午後にかかってきました。

ネットで予約状況を確認して電話で予約するのが無駄がないかも。

【乗合観覧料】大人(中学生以上)3600円 小人 2500円

貸し切り観覧コースもあります。

現在、関市民限定で割安で小瀬鵜飼を観覧できます。

詳しくはホームページでご確認を。

www.ozeukai.net