岐阜県恵那市明智町にある『日本大正村』

f:id:yama300gifu:20210613064430j:plain

「鬼滅の刃」の舞台は大正時代(1912年〜1926年)

岐阜県恵那市明智町には、鬼滅の刃と同じく大正時代を舞台にした観光スポットがあります。

『日本大正村』です。

街全体が大正時代のテーマパーク。

大正時代の建物が数多く残り、大正ロマンを味わえます。

f:id:yama300gifu:20210613072501j:plain

大正村駐車場もあります。(無料)

f:id:yama300gifu:20210613064513j:plain

「大正浪漫亭」

カフェとレストランがあります。

お土産品も豊富な品揃え。

銘菓「三日天下」も販売されてます。

散策した後に休憩しましょう。

f:id:yama300gifu:20210613064544j:plain

恵那市明智町は明智光秀ゆかりの地。

駐車場から少し足を伸ばせば、光秀公学問所、光秀公産湯の井戸、明智城もあります。

blog.livedoor.jp

f:id:yama300gifu:20210613064638j:plain

フォトスポットも用意されてます。

f:id:yama300gifu:20210613064807j:plain駐車場の近くにある「大正路地」

米蔵と江戸時代から続く呉服屋にはさまれた路地。

f:id:yama300gifu:20210613064732j:plain

大正時代の雰囲気が色濃く残ってる映えスポット。

この路地を炭治郎と禰豆子が歩いていたら絵になりそう。

f:id:yama300gifu:20210613064852j:plain

路地を歩くと見えてくるのが「大正村役場」

1906年(明治39年)に建てられた町庁舎。

洋風でモダンな建物。

1957年(昭和32年)まで町役場として使用されました。

現在は資料館になってます。

f:id:yama300gifu:20210613065017j:plain

大正時代を舞台にした作品としては「はいからさんが通る」が有名。

南野陽子さん主演で映画にもなりました。

現在の日本大正村の村長は竹下景子さん。

初代村長は高峰三枝子さん、2代目村長は司葉子さん。

f:id:yama300gifu:20210613080918j:plain

大正村役場の近くにある「大正ロマン館」

地元出身の画家・山本芳翠の油絵も展示されてます。

f:id:yama300gifu:20210613081625j:plain

「逓信資料館(旧郵便局)」

1875年(明治8年)に開局した郵便局。

様々な郵便・電信資料が展示されてます。

f:id:yama300gifu:20210613082429j:plain

「大正村資料館(旧銀行蔵)」

明治末期の建物。

f:id:yama300gifu:20210613082704j:plain

資料館では様々な大正文化の資料が展示されています。
大正時代の新聞「岐阜日報」がおもしかったです。

f:id:yama300gifu:20210613083146j:plain

「中馬街道 うかれ横町」

昔、生糸生産がさかんな頃は、酒やうどんを売るお店が並んでいたそうです。

f:id:yama300gifu:20210613083252j:plain

道路の上をまたぐ渡り廊下のある家。

現代では建設不可能?なアヴァンギャルド建築。

f:id:yama300gifu:20210613085401j:plain

こと時は「伝説のカフェアミー.」と書かれた札が気になりとりあえず写真撮っただけ。

後から調べたら、こちらは1921年(大正10年)創業の喫茶店兼スナックの「アミー」

自分好みの激シブ店舗。

日本大正村の中で最重要文化財かもしれません。

再訪した時にチェックします。

f:id:yama300gifu:20210613092830j:plain

資料館以外の町並みも風情があります。

f:id:yama300gifu:20210613092910j:plain

どんどん西洋化していき華やかなイメージのある明治時代。

大正時代は桜島噴火、第一次世界大戦、シベリヤ出兵、米騒動、原首相暗殺、関東大震災など暗い出来事が多いです。

どこか憂いのある大正モダン。

yama300.info

yama300.info

yama300.info

岐阜には他にも鬼滅スポットがあります。

鬼殺隊の皆さま、岐阜で心を燃やしましょう。